ピッツェリア アルベロベッロ

骨付き鴨もも肉の赤ワイン煮込み

ティエッラ(耐熱容器)を使うイタリア・プーリア州の料理をアルベロベッロ流にアレンジ。プーリア州では羊や馬の肉を使うことが多いのですが、冬の季節感を演出するために、骨付き鴨もも肉を使っています。味つけは赤ワインと香味野菜、香りづけの香草とシンプルですが、鴨肉のしっかりとした旨味と相性が抜群です。

○ 材料【4人分】

鴨もも肉4本、玉ねぎ2個、にんじん1本、セロリ2~3枚、にんにく2片、トマトペースト50g、赤ワイン500cc、ローズマリー2枝、ローリエ2枚、小麦粉適量、サラダ油適量、塩適量

○ 作り方

  • 鴨もも肉の余分な脂を包丁で落とした後、全体に、強めに塩をふり、30分間置いて、なじませる。
  • 1に小麦粉をまぶす。
  • フライパンにサラダ脂をひいて、2の両面がカリッとなるように、しっかり色がつくまで焼く。
  • 鍋にサラダ油をひき、にんにくを炒めて香りが立ってきたら、粗みじん切りにした玉ねぎ、にんじん、セロリを強火でしっかりと炒める。
  • 野菜がしんなりしてきたら塩ふたつまみを加え、弱火でさらに炒め、トマトペーストを加える。
  • トマトペーストも軽く炒めたところで、3の鴨もも肉を加え、赤ワイン、ローズマリー、ローリエを入れる。
  • 鴨もも肉がひたるくらいに湯を加え、鍋に蓋をして弱火で2時間煮る。
    ※本場プーリア州のようにティエッラなどの耐熱容器に入れて、オーブンで焼いてもいい。

○ ここがポイント!

鴨もも肉と野菜はしっかり炒める。ソースに塩をふらないので、鴨もも肉と野菜の塩加減もしっかりと!

○ お店紹介

リストランテ・ピッツェリア アルベロベッロ

薪釜で焼き上げるふっくらと香ばしい本格ナポリピッツァやパスタを手軽に楽しめる店。地野菜、卵をはじめ永沼紘一シェフが鮮度と美味しさで選りすぐった地産食材による、本場南イタリアの郷土料理をベースにアレンジしたアラカルトも充実している。

伊勢原市上粕屋299 TEL.0463-91-0088

>> リストランテ・ピッツェリア アルベロベッロ
このページのトップへ